「続 百人の日本人」 

不動産コンサルタント技能     河合恭伸 著

ここにご紹介した人達が日本人です。私達はこうした日本人の血を受け継いでいます。これからもその血を誇りに思って生きていきたい私たち民族を誇りに思い、押しつけられた自虐史観から抜け出し本当の歴史を大切にすることから戦後は始まります

 

<まえがき>

 十三億年前に日本列島が形成され、その日本列島には数千万年前頃、既に巨大な爬虫類が跋扈していました。下って一六万年前頃の旧石器時代には各地から移住してきた人類が既に住みついていた形跡があります。考古学上で分かっている範囲では、一万数千年前には縄文人らが住み、下って弥生人が住んでいました。神話に寄れば九州高千穂に天皇を頂く大和民族が降臨し、次第に日本全体を統治するようになりました。その日本という地に有史以来二千数百年、単一国家、単一民族による日本という一つの大きな文化圏を築づいてきました。

 適度に大陸から離れ、温暖な島国の日本は、一つの文化圏を形成するのに適当な環境にあったと言えます。蒙古や清国、ロシヤ、下っては米英諸国と戦端交えることがありました。しかし、日本文化が消滅せずに今日まで続いています。大陸の諸国のように他国からの侵略が常態の国々では、自国の文化を護るために排他的に独自性を強調しないと、民族が文化的に溶解してしまいます。従って、他国の文化に対して厳しい対応が必要です。しかし、日本の場合は大陸からの影響も適度に租借して自分のものにする余裕が持てました。

 こうして育ってきた独自の日本文化も、最近のようにグローバル化が激しくなるに従い、地理的な距離も昔ほどの力が失われてきました。昔、西欧諸国は他国を侵略するとき、先に宗教で洗脳しておき、精神面から侵略を容易する手法を採ってきました。他国を侵略するには武力によるより、文化的、思想的な方法を用いて侵略する方が得策だからです。いまでも一部の国では、近隣諸国に対する思想的な洗脳を行う方法に力を注いでいます。何れにしても、日本が日本であるためには、日本文化の本質を皆が理解して、他国の文化は文化として尊重するなかで取捨選択し、護るべき文化は何であるかを自問自答していく必要が強まっています。

 では、日本文化とは何かと云われても、なかなか一言で説明することは難しい。本居宣長が「しきしまのやまと心を人とわば朝日ににほふ山桜花」と詠んでいますが、それほど簡単には説明できません。先人が歩んできた歴史を振り返り、色々な事象から日本文化の全貌を認識する以外にないのではないでしょうか。日本民族の尊敬を集めてこられた歴代の皇室がどのような態度で国民に接して来て頂いたか、また、歴史上の指導者達が外国からの圧力をどのような気持ちで排除し、日本を護ってきて頂いたか、一般庶民はどのような気持ちで仕事や日々の生活を営んできたか等を知ることが一番近道ではないでしょうか。それら先人による足跡の集大性が日本文化です。私達の体にはこれら先人の血が脈々と流れていること誇りに感じて頂ければ幸いです。

 こうしてはぐくんできた日本文化が、いまでは世界的にも好意的に受け容れられています。日本人自身ではその特質が理解できなくとも、他国の人にはその違いがよく解るようです。その昔、日本から陶器や漆器が輸出されたとき、商品が壊れないようにと詰められた反故紙に古い浮世絵が使われていました。これを見た西欧の多くの人達を魅了しました。こんな素晴らしい繊細で芸術的な版画が作れる国、それが反故として使われる国とはどんな国かと注目を集めました。日常雑器を作らせても、細部まで神経の行き届いた製品が輸出されていました。これらのものに接した欧米諸国の人々に大きな影響を与えてきたことは想像に難くありません。そのことを多くの人達が指摘しているところです。

 第二次大戦後、世界のグローバル化が一段と進み、日本も米国を始め多くの国々から様々な影響を受けてきましたが、日本文化もまたさらに世界的に広まる機会が増えました。ジャパンに代表される日本の漆器、浮世絵から始まり、日本製が高級品の代名詞になるほどの優れた工業製品を生み出し、日本食やアニメ、ハイク、マンガなども世界的に盛り上がっていますが、これら日本文化を発信しているのは私達日本民族です。こうした素晴らしい日本文化をこれからも守り育てていくためにも、先人の足跡を偲び、いま改めてこの優れた日本文化を蒸製してきた先人の足跡を眺めてみたいと思い、この本を上梓することとしました。

 先の東日本大震災の未曾有の大災害は、日本民族に対する警鐘でしょうか、いまの日本人はあまりにも恵まれ過ぎていることと、地球環境の悪化や政治家の不甲斐なさのために、将来に希望を持てずに生きている人が多いように思います。間違った戦後教育のため、日本人としての誇りと人間性を育成することが疎かになってきました。そのため、様々な悪影響が生まれてきていると思われます。しかし、優れた先人達の血が、私達日本人の血の中に流れていることに今一度思いを馳せ、一人一人の日本人がこの日本の直面している難関を突き破るため、その原動力になるために何ができるのか、自分の存在感を確認するためにも、日本を立て直すためにも何かやってやろう、という気持ちになって頂く契機になればと思っています。

 それにしても、日本人は何と純粋で優雅で美意識に長じた国民であるかと心から感じます。余りにも純真で人の善意を信じて生きてきました。しかし、世界が狭くなった分、それだけではではこの地球社会では生きていけないことに気づかされます。時として鬼になって対処することが求められています。そのとき、どのように対処すべきかの指針は先人の生き方に学ぶのが一番だと思います。日本が外国との接点で、直面した大きな難局に身を挺して対処して頂いた指導者達、人類意識の気高い人、日本独特の薫り高い文化形成に大きな役割を果たされてきた方々、日本人の特質を遺憾なく発揮されてきた方々等をさらに百人追加して紹介させて頂きました。なお、皇室は日本文化の中心的存在で、文化を形成する上で欠かすことのできない方々ですが、余りに畏れ多いので、何人かに絞って紹介させて頂いています。

 なお、人物紹介は基本的にはその人の出生年を基準にしています。同時代の人を観察することで時代的背景も理解して頂けるのではないかと思いました。時代表示の下に名前を表示し、その人を紹介する見出しを付けていますので、人物を思い出すのにご利用頂ければ幸いです。巻末には名寄せ表示していますので検索にご利用頂ければ幸いです。

 なお、これら多くの人物像を描くに当たって、当然多くの書物から情報を頂きました。しかし、余りに多くの方々や著書なので、個々に名を挙げることを省略させて頂きましたがここに改めて御礼申し上げます。

平成二八年吉日                                河合恭伸 識

-----------   目 次(続=掲載順/生年)  -------------

古墳   BC六六0  神武天皇(初代天皇)
七二 日本武尊(古代武人)
       一七0 神功皇后(三韓征伐)
飛鳥     六0七 小野妹子(遣隋使)
       六九五 吉備真備(古代武人)
奈良     七三三 和気清麻呂(貴族)
       七六六 最 澄(天台宗開祖)
平安     八0二 小野 篁(文人貴族)
       八二五 小野小町(女官)
       九二一  阿倍晴明(陰陽師)
       九六六 清少納言(枕草子)
一一四0 運 慶(仏師)
     一一五九 源 義経(武将)
鎌倉   一二七五  夢窓国師(臨済宗禅僧)
室町   一四三二 太田道灌(兵法家)
     一四四二  志野宗信(香道宗家)
戦国   一五二一  武田信玄(戦国武将)
     一五二八  明智光秀(戦国武将)
     一五三0 上杉謙信(戦国武将)
     一五四三  徳川家康(徳川幕府)
     一五四六  黒田官兵衛(軍師)
     一五五六  藤堂盡廖弊鏐馼霈)
     一五六二  加藤清正(武将)
安土桃山 一五七二  出雲阿国(歌舞伎)
     一六0八 中江藤樹(近江聖人)
江戸   一六一一 保科正之(初代会津藩主)
     一六一八  河村瑞賢(商人)
     一六二八 徳川光圀(水戸藩主)
     一六三0  貝原益軒(養生訓)
     一六三九  渋川春海(天文学者)
     一六五七  新井白石(儒学者)
     一六五九  山本常朝(葉隠)
     一六六六  荻生徂徠(儒学者)
     一六八四  淀屋辰五郎(豪商)
     一七一五 富永仲基(町人思想家)
     一七一七  恩田 杢(日暮硯・家老)
     一七二八 細川平洲(学者)
     一七三八  林 子平(経世論家)
     一七五0 蔦谷重三郎(版元)
     一七六0  松浦静山(常静子剣談)
     一七六七  曲亭馬琴(劇作家)
     一七六七  雷電為右衛門(横綱)
     一七六九  高田屋嘉兵衛(廻船業者)
     一七八一  頼 山陽(日本外史)
     一七九七  鼠小僧次郎吉(盗賊)
     一八0一  江川太郎左衛門(反射炉)
     一八0九  横井小楠(熊本藩士)
     一八一一  佐久間象山(兵学者)
     一八一五  鍋島直正(鍋島藩主)
     一八二0  濱口儀兵衛(稲むらの火)
     一八二三  勝 海舟(幕臣)
     一八二四 大村益次郎 (陸軍創始者)
     一八二七  河井継之助(長岡藩家老)
     一八二八  山本覚馬(会津藩士)
     一八二九  西 周(啓蒙思想家)
     一八三六  榎本武揚(旧幕臣)
     一八三六  松平容保(幕末会津藩主)
     一八三七  児島惟謙(裁判官)
     一八三七 板垣退助(自由民権家)
     一八三八  大隈重信(早大創始者)
     一八三九  三遊亭円朝(落語家)
     一八四一  福地源一郎(新聞発行)
     一八四二  大山 巌(陸軍元帥)
     一八四五  稲垣千穎(唱歌作詞家)
     一八四九  昭憲皇太后(明治天皇皇后)
     一八五三  北里柴三郎(細菌学者)
     一八五五  頭山 満(国士)
     一八五五  杉浦重剛(教育者)
     一八五八  和井田貞行(十和田湖鱒養殖)
     一八五八  井上円了(仏教哲学者)
     一八六0  下瀬雅充(火薬開発者)
     一八六六  河口慧海(僧侶・探検家)
     一八六六 二宮忠八(飛行機発明)
     一八六七  豊田佐吉(自動織機)
     一八六七  上田万年(標準語)
     一八六七  南方熊楠(博物学者)
明治   一八六九  梅屋庄吉(孫文支援家・日活創始者)
     一八七0  坂田三吉(将棋棋士)
     一八七六  中村天風(思想家)
     一八七八 青山 士(パナマ運河技師)
     一八七八  与謝野晶子(歌人)
     一八八0  北大路魯山人(料理家)
     一八八二  種田山頭火(俳人)
     一八八四  清瀬一郎(東京裁判弁護人)
     一八八七  阿南惟幾(陸軍大臣)
     一八八八  小泉信三(経済学者)
     一八九0  安達二十三(ニューギニア司令官)
     一八九0  岡田 資(東海軍司令官 )
     一八九一  太田 実(沖縄司令官)
     一八九一  栗林忠道(硫黄島司令官)
     一八九六  宮沢賢治(詩人)
     一八九八  安岡正篤(陽明学者)
     一八九九  広沢虎造(浪曲師)
     一九0一  李方子妃(朝鮮皇族)
     一九0三  金子みすゞ(詩人)
     一九0五  廣枝音右衛門(台湾警官
大正   一九一二  双葉山定次(横綱)
     一九一二  田内千鶴子(韓国孤児の母)
     一九一四  愛新覚羅浩(満州皇帝弟妃)
昭和   一九二七  望月カズ(韓国福祉活動家)

-----------   掲載者(名寄せ)   -------------

続編=(続百人の日本人) 前編(百人の日本人)
ア 小野妹子(遣隋使)
ア 大久保利通
   小野 篁(文人貴族)
伊藤博文
   小野小町(女官)
     岡倉天心
阿倍晴明(陰陽師)
石田梅岩
   運 慶(仏師)
     上杉鷹山
太田道灌(兵法家)
安達峰一郎
   明智光秀(戦国武将)
井原西鶴
上杉謙信(戦国武将)
大塩平八郎
出雲阿国(歌舞伎)
植芝盛平
新井白石(儒学者)
大石良雄
荻生徂徠 (儒学者)
緒方洪庵
恩田 杢(日暮硯・家老)
大伴家持
江川太郎左衛門(反射炉)
大岡越前守
大村益次郎(陸軍創始者)
荻野吟子
榎本武揚(旧幕臣)
足利尊氏
板垣退助(自由民権家)
織田信長
大隈重信(早大創始者)
尾崎行雄
大山 巌(陸軍元帥)
井深 大
稲垣千穎(唱歌作詞家)
石川五右衛門
井上円了(仏教哲学者)
上田万年(標準語)
梅屋庄吉(孫文支援)
青山 士(パナマ運河技師)
阿南惟幾(陸軍大臣)
安達二十三(ニューギニア司令官)
岡田 資(陸軍中将)
太田 実(沖縄司令官)
   愛新覚羅浩(満州皇帝弟妃)
カ 吉備真備(古代武人)
カ 弘法大師
   黒田官兵衛(軍師)
嘉納治五郎
加藤清正(武将)
熊沢蕃山
河村瑞賢(商人)
光明皇后
   貝原益軒(養生訓)
賀茂真淵
曲亭馬琴(劇作家)
葛飾北斎
勝 海舟(幕臣)
小林虎三郎
河井継之助(長岡藩家老)
楠木正成
児島惟謙(裁判官)
鴨長明
北里柴三郎(細菌学者)
河口慧海(仏教学者 )
北大路魯山人(料理家)
清瀬一郎(東京裁判弁護士)
小泉信三(経済学者)
栗林忠道(硫黄島司令官)
金子みすゞ(詩人)
サ 神武天皇(初代天皇)
サ 聖徳太子
   神功皇后(三韓征伐)
鈴木貫太郎
   最 澄(天台宗開祖)
白州次郎
   清少納言(枕草子)
千利休
志野宗信(香道宗家)
白瀬中尉
渋川春海(天文学者)
世阿弥
   佐久間象山(兵学者)
佐倉惣五郎
   三遊亭円朝(落語家)
菅原道真
昭憲皇太后(明治天皇皇后)
昭和天皇
   杉浦重剛(教育者)
佐久間勉
下瀬雅充(火薬開発者)
杉原千畝
坂田三吉(将棋棋士)
西行法師
斉藤隆夫
坂本龍馬
杉本鉞子
西郷隆盛
十辺舎一九
坂上田村麻呂
渋沢栄一
清水次郎長
タ 武田信玄(戦国武将)
  タ 二宮尊徳
徳川家康(徳川幕府)
田中正造
藤堂高虎(戦国武将)
豊臣秀吉
徳川光圀(水戸藩主)
近松門左衛門
冨永仲基(町人思想家)
刀匠正宗
蔦屋重三郎(版元)
大黒屋光大夫
高田屋嘉兵衛(廻船業者)
高橋是清
頭山 満(国士)
東郷平八郎
豊田佐吉(自動織機)
田中久重
種田山頭火(俳人)
鳥居強右衛門
    田内千鶴子(韓国孤児の母)
平清盛
瀧廉太郎
平将門
ナ 中江藤樹(近江聖人)
ナ 中浜万次郎
鼠小僧次郎吉(盗賊)
野中兼山
鍋島直正(鍋島藩主)
乃木希典
西 周(あまね)(啓蒙思想家)
野口英世
    二宮忠八(飛行機発明)
仁徳天皇
中村天風(思想家)
ハ 本阿弥光悦
ハ 保科正之(初代会津藩主)
華岡青州
細川平洲(学者)
福沢諭吉
林 子平(経世論家)
平賀源内
濱口儀兵衛(稲むらの火)
塙保己一
福地源一郎(新聞発行)
稗田阿礼
広沢虎造(浪曲師)
藤原道長
   廣枝音右衛門(台湾警官)
本田宗一郎
双葉山定次(横綱)
広田弘毅
八田與一
紫式部
北条時宗
マ 源 義経(武将)
マ 明治天皇
   夢窓国師(臨済宗禅僧)
間宮林蔵
松浦静山(常静子剣談)
本居宣長
松平容保(幕末会津藩主)
宮崎友禅齋
南方熊楠(博物学者)
源頼朝
宮沢賢治(詩人)
宮本武蔵
   望月カズ(韓国福祉活動家)
松下幸之助
森川清治郎
松尾芭蕉
吉田 茂
八橋検校
吉田松陰
ヤ 日本武尊(古代武人)
ヤ 柳宗悦
   山本常朝(葉隠)
与謝蕪村
淀屋辰五郎(豪商)
吉田兼好
横井小楠(熊本藩士
山田長政
山本覚馬(会津藩士)
弓削道鏡
与謝野晶子(歌人)
山片蟠桃
安岡正篤(陽明学者)
ラ 雷電為右衛門(横綱)

    頼山陽(日本外史)
李方子妃(朝鮮皇族)
ワ 和気清麻呂(貴族)

和井田貞行(十和田湖養鱒)

 

 

Copyrights 2004 株式会社西日本不動産センター