2019年12月号

「恩田 杢」
 戦時中、米軍が日本研究のテキストとして使った「日暮(ひ ぐらし)硯(すずり)」には、賢臣として名高い信州松代藩家老 恩田木工(もく)の事蹟が誌されています。

 彼は享保二年(1717)千石取りの家老恩田民清の長男民(た み)親(ちか)として生まれた。幼名は佐吉。藩財政は三代真田 幸道の頃から徐々に困窮していたが、寛保二年(1742)に千 曲川、犀川が氾濫し城下が大水害に見舞われた。復旧費一万 両を幕府から借財し、元小姓の原八郎五郎を登庸したり、赤 穂浪人田村半右衛門を招いて改革を進めたが、俸禄半知借上、 年貢の前納を実施するなど性急な改革を進めたが、賄賂が横 行し風紀が乱れ、何れの場合も家臣が反発、農民、足軽達の 一揆「田村騒動」が起きて改革が失敗した

。  宝暦二年(1752)に先代藩主が死に一三歳の真田幸弘に代わ った。若い藩主は英邁で、家臣が鳥飼育を奨めたとき、大きな 鳥籠を作らせ、飼育を奨めた家臣を中に閉じこめ、食事は存分 に与えると言われたが、家臣は泣いて詫びた。こうして藩主は 飼育の愚かしさを諭す器量の持ち主でした。藩主一七歳の時、 三0歳の彼を家老に取立て、四一歳のとき彼を江戸屋敷に呼ん で、彼に財政統括役として改革を依頼した。

 彼は帰郷後家族、縁者、家臣全員を集め、彼等に離縁、解雇 を告げた。いぶかる家族や家臣に「この度、殿より藩の改革を 命じられた。ついては爾後、自分は決して虚言言わず、一汁一 菜を守り、木綿の着物で済ますが、皆はそのようには行くまい。 身内から一人でも違反者が出ては改革はおぼつかない」ためと 説明した。

 皆は自分達も決して虚言を言わず、身を慎むので従来通り家 に置いて欲しいと全員が誓ったので、従来通りとすることとし た。こうして身内を固めたうえ、質素倹約を励行し、贈収賄を 禁止し、不公正な民政の防止に努め、、綱紀粛清を図り、会計 制度の整備、財政帳簿の管理を行った。

 一方、藩校「文学館」を開いて文武を奨励したので、藩士、 領民の意識改革ができた。彼は病を得て四六歳の若さで惜しま れつつ他界したが、人材を遺したので彼の意志は継がれ、彼の 死後に改革が完了した。彼は「決して虚言は申さず」と隗より 始めた。誠意を尽くして接すれば悪人も改心するはずと、清潔 と誠実を確信して藩政改革に成功した。民衆は本能的に為政者 の人間性や力量を直感的に見抜くものです。

 

  

             

健 康
■ 白血病について

白血病はやっかいな病気です。最近水泳メダリス トの選手が罹病されたことで話題になっています。 血液は骨髄の内部にある造血幹細胞から分化して 作られますが「骨髄系幹細胞」と「リンパ系幹細 胞」の二種類があります。

骨髄系幹細胞からは酸素を運ぶ赤血球、止血の働 きを持つ血小板、顆粒球などが作られ、リンパ系 幹細胞からはB細胞、TV細胞、NK細胞などの リンパ球が作られますが、顆粒球、単球、リンパ 球を併せてウイルス等の異物を排除する役割の白 血球ができています。

白血病はリンパ球が初期の段階で悪性化し、ガン 化した細胞が無制限に増殖することで起こるとさ れていますが、何故起きるのかの原因は特定され ていません。しかし、白血病患者からはフイラデ ルフィア染色体が異常に多く見られることが判っ ています。

昔は日本人に少なかった病気と言われていました が、近年は小児患者も見かけ、老若、男女を問わ ず発症が確認されるようになりました。風邪、疲 労などの症状から初期診断で見落とされることが 多いようですが、血液検査などで発見されるケー スが多いようです。

症状は余り症状の現れない「慢性期」から、徐々 に病状が進行する「移行期」に、そして急激に病 状が悪化する「急性転化期」へと進行します。

治療方法は抗がん剤、分子標的療法、インターフ ェロン療法などが有り、治療には自宅療養も含め て約2年程度掛かる人が多いようですが、最近の 治癒率は80%程度まで向上し、不治の病ではな いことにになっているとのことです。

建築  
■ 騒音問題 

     

環境基本法では「典型七公害」として大気汚染・ 水質汚染・土壌汚染・振動・悪臭・地盤沈下と共 に「騒音」を挙げています。(最近、放射性物質、 有害物質を公害物質とし、光害、日照も公害とし ています)

では「騒音」とは何かというと、好ましくない騒 音と、極めて主観的な定義をしています。それで も良好な生活環境はといえば、日中は55?以下、 夜間は45?以下が望ましいと、一定の基準を示 していますが、風鈴の音が五月蠅いという日本人 が現れ、静だと落ち着かないとラジオを聞きなが らでないと勉強できないという「ながら族」も居 て複雑ですが、騒音問題が近隣トラブルの一位を 占めています。

音は1秒間に振動する回数を「周波数」といい、 回数が多ければ「高音」少なければ「低音」。音 の大きさは「?」、音の高さを「Hz」で表します。 人間の平均的な可聴音域は20Hz−2万Hzまで あります。

騒音になるのは31Hz−8千Hzといわれます。 最も感触の良いのが2千Hz−5千Hzであるされ て、人の話し声は平均的に男性5百Hz、女性・子 供は1千Hzと言われています。パンチンコ店内 の騒音レベルは80?、自家用車内60?、エア コン室外機50?、閑静な住宅地40?、山の小 道は20?と言われています。

音は6?大きくなると音は2倍大きくなります。 逆に言えば、一定の音域から低下すれば急激に小 さくすることができることになり、防音対策に生 かすことができます。音は回り込む「回折音」や 距離が2倍になると4分の1に音が減衰する「距 離減衰」という性質があります。さらに、低音域 ほど音は遠くまで伝わりやすく、高音域ほど障害 物により減衰しやすい。

音の伝わり方には空気を伝わる「空気伝播音」と 物質を振動させて伝わる「個体伝播音」がありま す。その音は反射・屈折・透過・吸収・共鳴・回 折・干渉の変化により伝わります。これらの音の 性質をよく理解して「防音・遮音・吸音」の違い を理解して対策を進める必要があります。

騒音問題を避けるには、まづ宅地の選択が大事で す。交通機関、大型工場、学校などの有無を確認 すること。居住後に近隣住民による騒音問題に巻 き込まれたら、軽犯罪法に抵触することもあるの で警察に対処を依頼することがベストです。その 場合、騒音の時間、音源、頻度など具体的に資料 を準備することが大事です。しかし、百m先のプ レス機工場の操業低音障害ということもあったり します。

それでも解決できないときは自己防衛さくとして 防音工事をするか、訴訟するか、最終的には転宅 するかの判断に迫られます。

    

 税金 
■ 相続放棄か限定相続か 

  

子のいない伯父、叔母や遠くに転勤して疎遠にな っている親が死亡したときの相続は注意が必要で す。噂で借金が多額にあるときなど、通常相続す ると債務超過の場合、相続人に債務返済を求めら れる恐れがあるからです。

こうした事情の分からないとき、「相続放棄」さ れる方が圧倒的に多い。この場合は相続人がいな くなるので、債権者の申請で裁判所が第三者の弁 護士などの「相続財産管理人」を指名します。事 後はその管理人が被相続人の所有する財産を自由 に処分して債務返済に充当します。余剰財産があ れば国庫に入り、債務超過であれば債権者の泣き 寝入りとなります。この場合の管理人は債権者の ために行うので、相続人の立ち入る余地はありま せん。親族が処分される住宅が欲しくても口を挟 むことはできません。

こうした相続財産状況が不明のとき「限定相続」 することができます。原則相続開始から3か月以 内の申請が必要ですが、期限延長の申請も可能で す。但し、相続放棄は単独でも可能ですが、限定 相続は相続人全員の同意が必要です。しかし、相 続人の誰かを相続財産管理人に選定して頂けます。

限定相続は資産調査をして債務より多ければ、相 続人達が受取れます。財産の処分は原則競売に付 さなければなりません(民932)が、債権者の同 意があれば任意売却も可能です。従って、鑑定評 価額以上であれば相続人は先買権が生じますので、 納得した処分が可能になります。但し、落とし穴 があります。限定相続するとその時点で、不動産 は譲渡したものとみなされ譲渡所得税が「被相続 人」に課税されます。

債務超過の場合は相続税も譲渡所得税もを支払わ なくても済みますが、資産が多いとき譲渡所得税 を負担することになり、評価減の居住用の特例は 使えません。こうした事を考え、資産状況を早急 に調べ「限定相続」ということも選択肢もあるこ とを考えて対処することが必要です。

 心に残る話 
■ 帰国できぬ事情     

   

シベリア抑留や終戦後の引き揚げの歴史を伝える 舞鶴引揚記念館(京都府舞鶴市)では、中国残留 夫人の孫、劉雪蓮さん(41)が、語り部を目指し て活動している。

旧満州に取り残された祖母は帰郷を熱望しながら、 60歳を過ぎて漸く日本の土を踏んだ。「戦争が生 んだ悲劇を次世代に伝えたい」という。

劉さんの祖母、梶本清子さんは(68歳で死去)は 戦時中、日本人男性と結婚する「大陸の花嫁」と して旧満州に渡った。夫は出征して死亡。自身は 終戦の混乱で帰国できず、中国男性と再婚し、劉 さんの母ら4人の子を育てた。

祖母が故郷の京都市に戻れたのは、子供がそれぞ れの家族を持った時代になってから。劉さんも9 歳の時、両親と共に祖母の元に移った。「京都に 帰れて、本当にホッとした」中国で故郷について 多くをかたらなかった祖母が、心底喜ぶ様子を見 て、劉さんは祖母が長年抱えてきた思いを知った。

祖母が異国で重ねた苦労は、叔母から聞いた。終 戦から数年後、日本に帰れるチャンスがあったが、 夫に「子供は置いていくように」といわれた。一 旦一人でバスに乗り込んだが、泣き叫ぶ我が子を 見捨てられず、帰国を諦めたという。

「祖母の人生を翻弄した戦争の事を深く知りたい」 そう考えていた劉さんは2017年に移住した舞 鶴市で抑留や引き揚げの歴史を伝える語り部の養 成講座が開かれていることを知り参加した。月1 回、記念館で引き揚げ体験者の話を聞き、語り部 の勉強に励む。

今年シベリアに抑留されていた原田二郎さん(94) の体験談を聞いた。「寒さが厳しく、手を擦らな いと凍傷で指が折れてしまうほどだった」と語る 原田さんの手を握り「また、お話を聞かせて下さ い」と伝えた。

記念館の長嶺睦学芸員(42)は「日中双方にルー ツを持つ劉さんなら、複眼的な視点で歴史を語っ て貰えるのではないか。中国人の来館者とも接し てもらい、日中友好の架け橋になって欲しい」と 期待している。

 

 

 

 

 心に残る話 
■ 竹と麦わらの飛行機 

 宮崎市 男 74    

戦争が終わったのは国民学校2年生の夏だった。 それまでは戦争に絶対勝つと、子供心に信じ切っ ていた。

その頃は、いまなら小学生だって判るおかしな事 を、軍の指示で先生が児童・生徒におこなわせて いた。「飛行機の燃料にするから」とドングリや 茶の実を拾って学校に持って行った。

傑作なのは高等科の生徒達が、校庭で竹の骨組み に麦わらを貼り付けた模擬飛行機を作ったことだ った。これは軍がトラックに乗せて近くの畑に置 いた。

米軍機が本物と間違えて爆弾を投下したり、機銃 掃射したりして、爆弾と弾を無駄にさせる野が狙 いだという。

しかし、そんな期待は見事に裏切られた。戦争が 終わってしばらくの間、模擬飛行機は無傷のまま で畑に放置されていたのだから。こんな教育も戦 争もあってはならないが、実際に我が国で起きた ことを忘れるわけにはいかない。

 

地球を考える
■ 遺伝子組み換えと品種改良 

最近の科学の進歩は著しいが、特に遺伝子情報に 関する進歩が著しい。例えば、従来は食物の「品 種改良」は自然交配が可能な同種生物か近縁の生 物同士の交配の突然変異で生まれた優良品種を選 別して育成する「分離育種法」か、人工的に他の 品種の花粉を交配し、多くの組合わせの中から生 まれてきた優良品種を、最低3年間かけて育成し、 新品種の固定化を確認して、始め世に出すという、 途方もなく時間と労力を掛ける「交雑育種法」と いう方法で行われて来ました。

その他、放射線を当てて変り種を作る「放射線育 種法」や、開花前の段階で培養して交雑培養する 「葯(やく)培養」という方法も等もあります。

生物を構成する細胞には核があり、核の中にはさ らに「染色体」があり、その中に「遺伝子」が含 まれています。ある生物が持つ特性を「ゲノム」 と呼ぶ遺伝子情報が記録されています。

その遺伝情報は「ATGC」という4種類の塩基 という物質が、色々な組合わせで1本の鎖のよう な形で記録されています。それが遺伝の基本単位 「遺伝子」という形で書き込まれています。

ところが遺伝子工学が劇的に進んで結果、研究所 の中で「ゲノム編集」という方法を用いて遺伝子 操作をすることで、短期間に思うがままに優良品 種を生み出すことが可能になりました。

研究が進んだ現在では、多くの植物の全てのゲノ ムが解明されてきたので、バイオテクノロジーと 呼ばれる手法で細胞を融合したり、不必要と思わ れる部分の情報を書き換えて、新しい細胞を作る 「細胞融合技術」が確立しました。この方法で作 った種の限界を超えた、例えば植物に微生物の遺 伝子を組み込む事も可能になった食品を「遺伝子 組換食品」といいます。

そこで植物を栽培する上で一番困る「病気、害虫、 雑草」に強い特性を持った種を、ゲノム編集によ り作ることが可能となった。これを開発した会社 は開発した種を独占販売するため、健康な種が作 れないよう操作し、最適な農薬とセットで販売す るようになりました。

こうしたゲノム編集した作物の栽培が近くで行わ れると花粉が飛散し、付近は汚染され、必要な種 が取れなくなったり、毎年種を購入しなければ耕 作が不可能になります。当初は害虫に有効でも耐 性を持った害虫が現れるため、より強力な薬剤の 散布が必要になってきています。そのため農薬に よる土壌や排水汚染が起きています。

また、水俣病のように因果関係を科学的に立証で きなくても公害が発生したように、世界各地で原 因不明の慢性疾患の難病やアトピーで困っている 人か大勢出ています。にも拘わらず、日本は「種 子法」が昨年4月に廃止され、遺伝子組換作物の 普及が懸念されています。

 

     
人生指針
■ 「母国語」 

 塩野七生 

想像力を自由に羽ばたかせたいと思えば、母国語 に勝る者はない。外国語は所詮よそ行きの言葉で あり、人間性の自然に反するものだから。

    

経営指針
■ 「立ち位置」 

 山田方谷(儒学者) 

総じて天下のことを制するものは、事の外に立って 事の内に屈してはならない

 

 

    

歳時記
■ 「歳の市」

正月飾りや新年用の家庭用品を売る市が昔は街角 に立ち、年末の騒がしさが伝わってきましたが、 最近は締め飾りもスーパーで売られる時代になり ました。

年の市線香買いに出でばなや  芭 蕉

二人してこまこまと買ふ年の市 村上 鬼城

    

不動産レポート
・台湾問題の国債関係について 

● まえがき

台湾の総統を決める選挙がオリンピックと同じ年 の来年施行されます。その総統選がいろいろと話 題なっていますが、その本質について触れてみた いと思います。

● 台湾の世界的地位について

台湾は日本が日清戦争の賠償金の一部として領有 していましたが、大東亜戦争で日本が敗北したと き、固有の領土以外の領土を放棄させられました。 そのため南樺太、千島列島、朝鮮、台湾が日本の 領土でなくなりました。

敗戦直前に中立条約を一方的に破棄してソ連が侵 攻し、帰属先の決まっていない南樺太、千島の他、 日本固有の北方四島までソ連に占領され返還の目 処が立っていません。

朝鮮半島には北方からソ連が侵攻して北朝鮮を建 国し、南朝鮮は米軍が侵攻して韓国政府を建国し ました。台湾はヤルタ会議で中国への帰属に決ま っていたらしい。

ところが、中国国内で中国共産党と国府軍との内 戦が始まり、ソ連の支援を受けた中共軍に国府軍 が大陸から追い落とされ台湾に逃亡してきました。

当初は蔣介石率いる国府軍が台湾人を弾圧してい ましたが、次第に大陸から渡ってきた本省人の人 口が自然減少と台湾在住民との融和で台湾原住民 の力が強くなりました。

政治は2004年に李登輝総統が総選挙を実施指 定に以来民主主義政治が行われるようになりまし たが、政党は台湾原住民の声を代表する民進党と、 中国本土の関係を重視する国民党が拮抗していま す。

広大な中国大陸を占拠した中共は台湾を自国領土 と宣言し世界の多くの国に認めさせてきました。 覇権国の米国は中共の主張は理解すると中共政府 を承認しなからも、台湾政府の存続を認める関係 を維持してきました。日本もその姿勢に従ってい ます。

しかし、最近は中共の札束攻勢に揺れて、台湾政 府を認めない国が増え、問題化しています。

● 台湾の地政学的地位

米国は中共を世界経済の枠組みに取り込めば、何 れ民主主義国になるとWTO加盟承認など支援し てきましたが、中共は軍事力強化に邁進し、大陸 を根城にした覇権国として東アジアの脅威と映る 迄になり社会主義国家のままで、最近は米国と覇 権を争うまでになりました。

台湾は地政学的に日本列島とフイリッピンを結ぶ 中間線上にあって、極めて重要な場所にあります。 最近、米国は自由主義国家群と独裁国家群との戦 いであるとの認識の中で、先進情報機器の生産国 である台湾を防衛する意思を固め、米中貿易戦争 を始めています。

同じ自由主義国家群と独裁国家群との戦いが香港 でも始まっています。米国議会は香港の民主主義 を擁護すると決議しています。

香港当局は本土中共の意向を受けて、英国統治下 で制定されていた「緊急状況規則条例」に基づい て、議会の決議を経ないで、覆面禁止条例、夜間 外出禁止条例を出しました。その結果、香港のデ モはより過激化しています。

● 台湾の地政学的地位

台湾問題は中国問題ではなく、世界の民主主義国 家と社会主義国家との政治体制間の問題です。自 由と民主主義を守るか抑圧を認めるかの戦いです。 中共は自国の第一防衛線上に日本を置き、日本を 東海省として恥じない国です。これこそ、最終戦 争となる第三次世界大戦の前哨戦であるとの認識 が必要です。

中共は財政のMMT理論を駆使して、ドルでなく 中国元を利用して「一帯一路」政策で自国経済の 拡大、覇権拠点の確保を図っています。日本も早 く目覚めてMMT理論による経済拡大で国力強化 に今こそ努めるべき時です。

 

昭和天皇 御製 
        
   

   

      をちこちの民のまいきてうれしくぞ 

              宮居のうちにけふもまたあふ 

   

ふりつもるみ雪にたへていろかえぬ  

      待つぞををしきひともかくあれ 

                   

      

 お知らせ

 

     

イ、世界史を彩った百人 

   1600円、書店または当社にお申し込み下さい

ロ、ある諜報員のみた日本の防衛  

    1600円、書店または当社にお申し込み下さい

ハ、「休日=毎水曜日」です、
    休日も御用のある方はお電話頂ければ
    できる限り対応させて頂きます。

ニ、「遺産相続問題の相談室」を常時開扉していま
    すので、お気軽にご連絡下さい。相続税の増税
     が始まります。ご準備を。

ホ、当社事務所は平成26年6月26日に
    枚方市香里ケ丘8丁目20−7へ移転しました。
     電話番号やFAX番号の変更はございません

 

 

 

Copyrights 2004 株式会社西日本不動産センター