■改修工事のご用命をお待ちしています

改修工事も色々なタイミングに、適切な方法により改修工事を行う必要があります。

1.経年劣化に対応する補修工事
建物を長年使用していますと、建築部材毎の耐用年数が異なりますので、色々なところに傷みが生じてきます。そうした補修工事をできるだけ早い目にされることが建物を長持ちさせ、快適な住まいを維持する秘訣です。適切な手入れをされれば今の家でも「百年住宅」は夢ではありません。
2.生活水準に適した改修工事
家は経年劣化するだけでなく、社会的な生活水準の変化に対応して陳腐化していきます。例えば、昔は床暖房はありませんでしたが、いまはあるのが普通です、便座は和式では余りに古く、例え洋式になっていても便座ウオーマーが今では必需品にもなっています。こうした改修工事を行うことで日々の生活をより現代的に快適に楽しんで頂くことが出来ます。
当社は今の住宅の中で実現できる新しい生活機器を提案し、快適な生活を楽しんで頂くお手伝いをしています。勿論、建物の外観や室内の模様替えも検討されると、より快適な生活を一層エンジョイして頂くことができます。
3.耐震補強工事
昔は地震がきて家が壊れるのは天災なので仕方がない、という事で済ましていました。しかし、今は若干の補強工事をすることで、少々の地震なら壊れなくすることも可能になり、生命の安全を守る事の出来る建物に変身させることが出来ます。当社では最新の耐震測定器を使って家屋診断を行いますので、適切で確実な補強工事を行う事が出来ます。

 

以上、様々なニーズに対応した改修工事を、責任を以て安心価格でお引き受けしています。是非、誠実で長年の信用のある当社に、これらのご用命下さるようお待ちしています。

Copyrights 2004 株式会社西日本不動産センター